株式会社ビットの副業クリックに挑戦!スマホで撮った写真が売れるようになるコツ

写真は思い出を楽しむためのものですが、スマホで撮った写真はお金に変えることもできます。株式会社ビットのクリックに写真を登録しておくと、後は誰かが購入するのを待つだけ。サイトによって異なりますが、大体売れた額の20~50%が報酬として手に入ります。今回は、カメラマンを副業にしたい人に向けて、売れる写真の撮るコツについて紹介します。

株式会社ビットの副業クリックのメリットは

清水祐慧が提供する副業ビジネスクリックは、誰でも挑戦できる敷居の低さが魅力的な部分です。
詐欺なども心配もなさそうなので安心できるネットビジネスでしょう。
その様な詐欺などの情報は口コミなどを調べることで分かるはずです。
誰でも簡単に始められますし、場合によっては今まで撮った写真の中で、売れるものもあるかも知れません。
最近はスマホの撮影機能が向上しており、スマホでも高品質な写真が撮れます。写真撮影は独学で勉強することもできますし、プロと同じように素敵な写真が撮れるようになれるのも夢ではありません。
また、株式会社ビットの副業クリックはやり続ければ不労所得が得られるのも魅力的な部分です。
一度登録した写真はずっとサイトの残るため、登録枚数を増やせば、毎月の売り上げは100円、200円、300円と少しずつアップ。
将来的には、一歩も外に出ることなく月に数千円~数万円の不労所得が入るようになるかもしれません。

写真が売れるようになるコツ3選

・何のテーマで撮ったのかわかりやすく表現

写真は主にWebサイトの記事や広告等で使用されます。何だかよくわからない写真よりも、テーマがわかりやすく表現されたものの方が、Webサイトで使いやすいですし、売れやすくなるでしょう。WEBライティングで需要のあるジャンルに、美容、ダイエット、脱毛、就職、ペットなどがあります。記事で使いたいと思うようなわかりやすい写真を撮れば、口コミなどでも話題になり売れやすくなります。

・人物写真は顔出しで

一般の人の顔出し写真は希少価値が高く、人気が高いです。カップルで微笑む、泣いている子供、怒っているおじさんなど、顔出し写真は色々な場面で活用されます。ただ、勝手に他の人を撮って販売すると、肖像権の侵害にあたってしまうので、人物写真を使用する時は写っている人物からの許諾を得る必要があります。

・写真につける検索タグは制限いっぱいまで登録

写真を買いたい人は、検索タグを使用して目当ての写真を探すことも多いです。制限いっぱいまで検索タグを登録することで買ってもらえる可能性は間違いなくアップします。例えば、ビル街を撮った写真を登録したとします。その時は、「ビル街」だけでなく、「街」や「都会」といった検索タグも登録するようにしましょう。また、撮影された写真の天気が雨だったら「雨」、桜が写っているなら「桜」、建物の色が青いなら「青」などと登録するようにします。
口コミ評価も良い清水祐慧の株式会社ビットの副業クリックでは、一つの写真につき検索タグを50個つけることができます。
慣れないうちは少し面倒かもしれませんが、全ての写真に50個の検索タグをつけるようにしましょう。
そうすることで、より多くの人に自分の撮った写真を見てもらうことができます。